ナノ型乳酸菌】キトサンと乳酸菌を服用することによって相乗作用があり、さらに多くの効果が期待できます

キトサン食品工業株式会社 » 健康食品 » 【新商品】ナノ型 乳酸菌の力

【新商品】ナノ型 乳酸菌の力

【新商品】ナノ型 乳酸菌の力
ナノ型 乳酸菌の力
商品名 【新商品】ナノ型 乳酸菌の力
価格 4,450円(税別) 
原材料名 nEF乳酸菌5000億個(EF :エンテロコッカスフェカリス菌) デキストリン 脱脂粉乳 果糖 クエン酸 (原材料の一部に乳を含む)
栄養成分表示 (100g)当たり エネルギー367kcal タンパク質18.0g 脂質0.4g 炭水化物72.8g ナトリウム316mg
内容量 30g (1000mgX30包)

優れたナノ型乳酸菌(nEF)

ナノ化処理をしていない乳酸菌は紛体化の工程時に乳酸菌同士が強固にくっつきあい、大きな塊になってしまう。
このナノ型乳酸菌は、独自技術(特許取得)によってバラバラになる技術開発を行った。この技術を用いて乳酸菌粒子径を1μm以下のナノサイズにしたものがこの商品です。

乳酸菌の働き

1.腸内環境の改善 2.免疫調整 3.感染防御 4.発がん抑制 5.炎症性腸疾患の改善 6.アレルギー疾患の改善 7.老体質の改善 8.コレステロールの低下作用 9.血圧降下作用

乳酸菌のメカニズム

  1. 乳酸菌を摂食する。
  2. 腸管に到達した乳酸菌は、生死を問わず*バイエル板から取り込まれます。
  3. 取り込まれた乳酸菌は、マクロファージや樹状細胞などに食べられて免疫物質が放出され、免疫機能を向上させます。
  4. 免疫が上がることにより発がん抑制やアレルギー抑制などに役立ちます。
    さらに消化ホルモンが刺激され、腸管嬬動運動が充進、整腸効果をもたらします。

*バイエル板(免疫器官の一つで、腸管免疫と呼ばれる)

人は菌と共に生きてきた

大腸には100種100兆個の菌が棲んでいます。人類が誕生した時から人は細菌と共に生きています。
しかし、日本では1970年位から抗菌がブームになり、さらに農薬により無菌化が進み、飲料水や加工食品も菌数に制限が出てきました。
味噌や糠漬けなどで食材を保管して食べるという習慣が少なくなり、乳酸菌を食べる機会が少なくなります。
人は菌と接触すると自己免疫が働くようにバランスを保ってきました。

どの乳酸菌でも同じではない

乳酸菌を摂取するとそれが腸管内に取り込まれ、異物として認識されることで免疫機能が活性化されます。
しかし、すべての乳酸菌が同じような強さ、同じ機能を持つわけではありません。バイエル板から取り込まれるサイズは、粒子径が小さいほど取り込まれます。

整腸作用

乳酸菌は胃や十二指腸などの抗菌性のある胃酸や胆汁酸の攻撃に耐えて小腸に到達することが重要です。
乳酸菌を飲用することにより、糞便中の乳酸菌の検出数が明らかに増大し、大腸菌数の著しい減少がみられる。そして乳酸菌の飲用を中止すると大腸菌数が増大していきます。
このことにより、胃酸や胆汁酸耐性のある乳酸菌を飲用すると、その腸管内で増殖し、これらの出す乳酸が悪玉菌の増殖を抑え、腸内の腐敗を発行状態に変化させ、同時に乳酸菌が生産する乳酸が消化管を刺激して排便を促すため、整腸効果をもたらします。

キトサンと乳酸菌

キトサンは、バイエノレ板(腸管免疫細胞)を刺激して免疫細胞を活性化させる。又、乳酸菌も腸管免疫細胞を刺激して免疫細胞を活性化させる作用があります。さらに整腸作用が優れている為、キトサン服用時の便秘や下痢症状などの改善にもつながります。
しかし、乳酸菌には不純物等の吸着作用がない為、この点についてはキトサンの効果が期待できます。
したがって、キトサンと乳酸菌を服用することによって相乗作用があり、さらに多くの効果が期待できます。

腸は最大の免疫器官

腸は人の臓器の中で最大の免疫器官と言われ、口、喉、食道、胃、小腸、大腸、肛門が(ちくわ)の様に外部と繋がって、空洞になっています。
その為、侵入してくる病原菌や有害な化学物質等の異物から身体を守る為に、多くの免疫防御機構が備わっている、それが腸のヒダ(繊毛)に張り巡らされている【リンパ細胞】です。特に回腸はこの免疫細胞が集中していて、バイエル板と言うリンパ組織を形成しています。このように腸を中心とした消化管は、免疫細胞がびっしり詰った人体最大の免疫器官(臓器)と言えます。したがって、腸をきれいにすることは免疫力を高め、すべての病気から身を守る唯一の方法と言えます。

腸内の環境が病気の予防につながる

免疫とは、人の健康を守ってくれる働きで、自然治癒力と言う体の防御システムのひとつです。
この自然治癒力を高めるには、体内の腸内細菌を正常に保つ事が必要である。癌を初め、生活習慣病の予防や治療に大きな影響を与えるのがこの腸内細菌です。
腸内には100種類100兆個の膨大な数の細菌が棲んでいます。それらの中には善玉菌と悪玉菌があり、それぞれが織烈な争いをしています。通常、健康な人の腸は善玉菌が優勢を保っていて、悪玉菌を抑えています。これと逆に悪玉菌が優勢になれば、健康を損ねて病気になります。

マインドエース無料お試しキャンペーン実施中
キトサンの効能効果・使い方等に関するよくある質問

健康食品一覧

お問い合わせ

ページの先頭へ